相変わらずの、党議拘束が重要視されている

 

見出しだけでは、

「また変なことしている」

と、うつってしまうが

 

山本太郎議員の行動理由に関する自身のコメントを読むと

納得する部分はある

 

衆参両議院で非難決議が可決されたが

文面が違うという、一般的には知らない事実があるからだ

 

確かに、自国を危険にさらす事は

絶対にあってはならない事である

 

国際協力として、協調的に避難する事には賛成だが

自国が単独で強固な制裁を行う事には反対である

これが、参議院での決議で退席した理由であると

 

もう少し政治の国民に向けて透明性を高めてもらいたい限りである。