他地域や元流行域で散発的には感染が確認されているようだ

 

が、やはり感染経路の完全解明が出来ていない状態では

再び流行が起こる可能性は大いにあるだろう

 

国際交通機関を経由した感染拡大が起こった日には

考えられない状態になるだろう

 

まさに、映画のアウトブレイクのように

 

これまで製薬企業が収支を見込むことが

出来ない地域での流行であったことから

なかなか開発が進まなかったが

 現在では、エボラウイルスに対抗する

ワクチンや治療薬が以前より優先順位があがり

研究・開発がスピードアップしているようである

 

対抗措置の確立と共に

予防策として、自然宿主の探索と

その共存関係のメカニズム解明が必要となると思う